ホーム > 投資 > いよいよ始めちゃいます

いよいよ始めちゃいます

いよいよ開始する時という場合には、まずは下調べをしなくてはいけません。

 

取引を行う前であるとすれば、起こる事を落ち着いて観察する事のできる余裕がある。

 

だが、一度売買の内側に入ってしまうとどう工夫しても受け取り方が主観的になってしまい、時として適切な見方が出来なくなる。

 

リスクを負います。

 

その分自分自身の頭が論理的な状況で、適切に準備をしておくことが大切なのだ。

 

その"準備"のためにはまずは自らの台本を書くことから手をつけます。

 

投資環境はああだから、豪ドルをエントリーするといったあなたなりの筋書きを書いていきます。

 

次に重要なのは相場をチェックする事です。

 

今までのレートの動きを確認して、今の価格を確かめます。

 

すると、「現時点ではかなり行き過ぎた状態にあるな」他には「すでに大勢の人々が売買しているからこれから先大急ぎでエントリーしてもやりようがない」などと分かってきます。

 

もちろん今さら取引するのが遅いと感じたら、何もしないで、きっぱりと割り切ることが重要です。

 

どう工夫してもあなたのストーリー展開を貫いて、諦めずに注文すると、マーケットに跳ね返されてしまい、かえって為替差損を受けることになるリスクがあります。

 

ただし多くの場合では準備が出来ている台本を作り上げていくと売り(または買い)が遅すぎるということにはなることはありません。

 

おそらく、リアルに為替相場が変化する前の状態のはずです。

 

次は、まずはあなたがとろうと決めている通貨ペアの推移を、しっかり見る事が大事です。

 

仮に円安に向うだろうという筋書きを記したのであれば、該当する外貨の動きに注目しておくことだ。

 

外国為替相場の動きを確認し始めた状態では該当の外貨は誰の眼にも明らかに動く気配を見せることはなく、上下に細かい変動をしているだけでしょう。

 

だが、その変動をちゃんと気をつけているとある地点でじわじわと、円安へと変動し始めます。

http://blog.livedoor.jp/myokomiyoko/

このタイミングで初めてドル円のトレードします。

 

通常、これだけ緻密に計画を進めておけばその売り買いで利益を上げる率は比較的高まるはずだ。

 


関連記事

産後忘れがちなムダ毛処理
出産後のママさんは、赤ちゃんが一番で、自分のことは後回しになりがちです。 育児に...
良い下着をつける
最近自分にかける時間とお金が圧倒的に減ってきているので、何とか若い頃の美を維持す...
いよいよ始めちゃいます
いよいよ開始する時という場合には、まずは下調べをしなくてはいけません。 &nbs...
高すぎる状態
とうとうエントリーする時という場面では、何よりも事前対策を怠ってはならない。 &...
しっかりと明日を見据えよう
破産申告の際に抱える借り入れに対しその保証人となる人がいる場合にはあらかじめ連絡...