ホーム > 風景 > コンディションと外国為替市場

コンディションと外国為替市場

現実にコンピュータの前に座り、休むことなく変動しているレートを見ると、何となくトレードをしなければならないという抑えようのない気持ちに影響される事も少なくありません。

 

でも、不明瞭な直感でエントリーすることは、断じてしてはいけません。

 

ご覧の通り、外国為替相場は1日中、為替市場が関いているし為替レートも常時、変化しています。

 

しかし、何度もトレードをしていると、その回数だけ損をする確率が高くなってしまいます。

 

無論、エントリーの回数を重ねることによって勝利する確率か半々になるのは事実です。

 

しかしそれは「なんだか分からない感覚で取引」とは別の問題です。

 

取引回数を積み重ねる事の意味は、自分が「ここだ!」と考え付いた勝算を持ったところでの売買回数を積むという事です。

 

何となく、次々と売買を経験するのとははっきりと違う。

 

マーケットの勝負に立ち向かうためには自分が意識的にメリハリをつけることこそが大事だ。

 

「ここはいける」と感じたマーケットの時には迷うことなく所持ポジションを増やして、意識して利益を求めます。

 

「明らかに分からない外国為替相場でどう上げ下げするのか読めないな」と思った時は観念して所有ポジションを閉じて静観します。

 

これぐらいのメリハリがあったほうか最終的に注文は儲けられます。

 

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったくその通り。

 

相場とは、いついかなる時でも売買ポジションを持つことが肝心な事ではなく、売買ポジションを持たずにじっとしていることも場合によっては必要です。

 

じゃあ、どのタイミングで休む必要があるのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、先述した通り、これからの外国為替相場が良く見えない時です。

 

これから上がるのか下がるのか決断できない時は、分からないまま行動すると、自分自身の作り上げたストーリーとは逆方向に市場が向ってしまい、損失を被る事になります。

http://ameblo.jp/swe4r5tp/

そのような状況ではポジションを諦め、何もせずに見ているだけが最良の方法です。

 

次に、健康状態がすぐれない時。

コンディションと外国為替市場に何の影響も与えないと感じる投資家もいるでしょうが思ったより関係あります。

 

体の状態が悪い時はマーケットの大事なところで必要不可欠な決定が難しくなります。

気分が乗らない時は、外国為替相場から遠ざかる事も大事な事です。